ラビト∮のんびりブログ♪

何かあったことをちょくちょく書いていくブログです。
ハマッたゲームの紹介やイラストや小説を載せて行こうと思います。
よろしくお願いします☆

※注意。不定期ですので、書いたり書かなかったりします

当ブログのルール
以下のものは無断使用、転載、加工を禁じます
私が製作したもの(イラスト、小説、ゲーム等の製作物、キャラクター)

上記のもの以外は使用、転載、加工も禁じます

また版権物に関しては著作元に帰属します

当ブログの内容及び制作物は健全な内容(公序良俗を反しない範囲)で書いております

【ポケモン】失敗した構築のまとめ

失敗して解散した構築について分析する。(自分の中では苦手な対面構築と積み系構築である)
(ある方のブログでこれはいいなと思ったので自分でもやってみる。)

パラメータを星10段階評価する。
火力・・・自分の3匹が倒されるまでに、どれだけ早く相手を倒せるか。多くの相手に対応しやすいか。
崩し・・・高耐久により長期戦をしかけ、状態異常や回復技を搦めて相手を倒してくるパーティに対する強さ。
意表・・・相手の想定を崩しやすいか。見た目には分からない勝ち方が機能するか等。
耐久・・・ステータスや相性補完によって、相手の攻撃をどれだけ減らせるか。
勝ち筋・・・使ってる側にとって、勝ち方がイメージできるかどうか。
負け筋(の少なさ)・・・苦手なポケモンが少ないか。不利要素(※)が少ないか。

※不利要素 ここ一番で技を外して負ける事が多い。起点(例:相性不利のため交代したら積み技使われて全敗したなど)にされやすい等。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
メガガルーラ、キノガッサ、ミミッキュ、グライオン、クレセリア、メガゲンガー

火力3、崩し8、意表8、耐久4、勝ち筋4、負け筋2

テスト用として組んでみた意表を付くことしか考えていない偽対面構築。

既存の対面構築で苦手な受け回しパーティに強くしたものの、
カプ・コケコ、メガメタグロス、霊獣ランドロスのようなとんぼ返り+ボルトチェンジによる対面操作パーティが多かった。

一番の解散理由が、目覚めるパワー氷持ちのカプ・コケコが増えてきたおかげでグライオンが機能しなかった事。

耐久思考ってそんなに流行らないんだなと思った。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
メガリザードンX、ポリゴン2、テッカグヤ、バシャーモ、霊獣ボルトロス、グライオン

火力6、崩し6、意表7、耐久6、勝ち筋4、負け筋3

育成したのに使っていなかった、とあるメガリザードンXが使いたかったので組んだ。

他で削ってリザードンを通していくパーティ。

・リザードンの技と育成の関係上が動きにくかった。
・相手のステルスロックを阻止したいが、ステルスロック要員の出るタイミングがわかりにくい。
・結果的にリザードンで削って他で止める事が多くなった。
・切り返し手段に乏しい。(特にテテフ絡み)
・削り役が予定どおりに行かなかったケースがあり、以後迷走。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
メガリザードンX、ペリッパー、ラグラージ、忘れた、ポリゴンZ、テッカグヤ

火力6、崩し5、意表7、耐久6、勝ち筋4、負け筋3

どうしても重いカバルドン、ヒードラン、霊獣ランドロスの抑制に雨偽装した。
元々重かったカプ・レヒレが沢山マッチした。

また、比較的リザードンがY読みされていたようで、有利な電気タイプ2体を出された時は、勇気を出して連れていけばよかったと思った。

それから、ペリラグ見せても選出されるカバルドンに面食らった・・・。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ラグラージ、メガカイロス、ニンフィア、バシャーモ、ポリゴンZ、テッカグヤ

火力4、崩し2、意表4、耐久3、勝ち筋7、負け筋2

積みリレー(最初に後続の為のサポートを行い、後続が積み技を使って相手を削る)の勉強をしようと思って組んだ。

サポート要員1体だけだと簡単に対処させられそうだったので、2体編成で削りと場作りを行いエースを通す事にした。

・相手の炎タイプ(草技持ち)が辛かった。
・相手のキノガッサへの対処法が少ない。
・耐久系への対処法が少ない。
・切っても良いとは言え、同じ日に瞑想エーフィに2回マッチングして頭かかえた。
・サポート1体+アタッカー2体という選出を行った場合、簡単に止められて負ける。
・こちらのやりたいことを全面に押し出す為、相手にやりたいことをやられると阻止できない。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
マッチングした相手の傾向を見ると、
・ステルスロックを投げるか阻止するか。
・リザードンやボーマンダが少なくバシャーモが多い。
印象だった。

全体の所感としては、苦手対策に何匹枠を割くのかが課題だと感じた。

別枠 「ミミロップのお仕事」

期待していたお仕事と、実際にできたかどうか書いてみる。

お仕事その1.耐久型ポケモンや起点作成型ポケモンにとつげきチョッキを渡して補助技を封じる。

◯上手くいった。
メガミミロップのイメージから耐久型や起点作成ポケモンが逃げる事なく居座ることが多かった為、かなりハマった。
後出しポリゴン2もあった。
カバルドンのあくびループを封じたり、トリックルームを再展開させなかったり等。

お仕事その2.ラッキーに放たれた拘りトリックに対して、ミミロップを後出しすることで反対にとつげきチョッキを押し付け返す。

☓上手くいかなかった。
そもそも殺意高めな格闘技持ちポケモンがパーティに1匹以上おり、同時選出することが稀だった。

お仕事その3.拘りスカーフアタッカーや襷アタッカー等にすり替えして、こちらのアタッカーや耐久型を通す。

△微妙
普段メモしない人なので、
あるガブリアスからヤチェの実を奪ったとこまでは覚えているがその後は覚えていない。

印象に残ったのは、相手の最後に繰り出されたポリゴンZに、とつげきチョッキを渡してラッキーで詰ませる試合だった(ラッキー唯一の選出試合)。

◯副次的な効果
お仕事その4.ゴウカザルのマッハパンチならがむしゃらで後続アタッカーの攻撃圏内に入れる。
最悪インファイトの場合、後続のアタッカーでBDダウンを利用する。

甘えた猫騙し+マッハパンチなら耐えることができ、がむしゃらで大きく削れることが試合中に判明した。

計算したら、陽気ゴウカザルの拘り鉢巻マッハパンチまでは耐えることがわかった。(インファイトは無理)


お仕事その5.補助技使った相手にとつげきチョッキを押し付けた後、アンコールを行うと同じ補助技を使用した。

フリー対戦で試した所、上記の仕様が判明。

実践では、珍しい場面が見れた。(とつげきチョッキを持って、つるぎのまいを連打するガブリアス)

プロフィール

ラビト

☆ブログ村☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


☆Twitter☆

Twitterボタン
Twitterブログパーツ


☆Mixi☆
mixi(ミクシィ)やってます!



☆てえげえワンダーズnews☆
記事紹介ブログ





☆ラビトのゲーム日記☆
ゲーム日記











記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ